ホーム             |             今日常德             |             政府機構             |             商業活動             |             トラベル
 
 
ホーム
> 商業 > 徳山経済開発区
 
 
徳山経済開発区
Public date: 2010-10-20 Search numbers:Type size:[ Large Middle Small ]
 徳山経済開発区は1992年に常徳市の古い工業基地をもとに成立したもので、今省クラスの重点開発区である。当開発区は湖南省委、省政府に「全省非公有制経済発展優秀産業団地」、「全省外資招致先進区」などの称号を授与されている。開発区の工作委員会と管理委員会は常徳市委、市政府による派出機構で、その管理職能は県クラスにあたり、市クラスの経済審査権限を有する。

 徳山経済開発区は総面積が54平方キロメートルで、一つの鎮、一つの町と一つの営林場を管轄しており、人口が約10万。現在各種類の工業企業は230社で、規模以上の企業は70社近く、その内上場しているのは11社である。徳山開発区はすでに湖南省西北地域における重要な産業基地で、紡績、機械・電力設備、林紙、医薬などの産業集中地区となり、中国の高級生活用紙と編み機の生産基地である。投資額が百億元近くの常徳火力発電所、泰格林紙プロジェクトも徳山に進出している。投資額が10億元を超える「金天チタン業」、「編み機紡績園」も次々と開業した。向こう三年間、開発区に契約を結んだプロジェクトの総投資額は160億元にのぼっている。徳山開発区は毎年4000亩(266ヘクタール)の土地を開発に提供し、60億元以上の投資規模で発展していく。

 2000年以来、徳山経済開発区はインフラストラクチャーに10億元の資金を投入し、それによって、一定の交通利便、機能完備、産業集中の段階を形成した。一応できた。区内には、207号と319号の二つの国道があり、長沙-常徳、常徳-張家界、常徳-吉首(貴州)間の高速道路はすでに開通され、邵陽(マカオ)、岳陽(武漢)、荆州(太源)などの方面への高速道路も建設されている。その内、常长、常张、太澳などの高速インターチェンジは徳山開発区にある。沅江は千トンクラスの船が通行でき、常徳港には今500トンクラスの埠頭が二つ、1000トンクラスのコンテナ埠頭が一つある。建設中の徳山港は将来1000トンクラスの埠頭が三つ、500トンクラスの埠頭が5つ、300トンクラスの埠頭が3つという大型の港になる。今30万トンの水工場が一つあり、11万ボルトと22万ボルトの変電所がそれぞれ2つと一つある。

 徳山経済開発区では、審査して認可されたプロジェクトはその計画の通りに「七通」の土地が提供されるほかに、資金の援助も得られる。企業に徴収される所得税は地方側に属する部分は「免二減三」という税制優遇策が出されている。プロジェクトが審査中には、建築企業労働保護基金の徴収額は建築工程の総額の1%にし、その他の行政事業性費用は一切免除する。重大なプロジェクトに対しては「一事一議」という特別優遇政策が実施されている。

 徳山経済開発区の中の中小企業創業園では、設備が完備される標準化の工房が提供され、賃金は5元/月/平方メートルである。

 徳山経済開発区では「平静日」という制度が実施されており、毎月の1-23日は企業の「平静日」である。区内の企業側の要請がない場合、各行政部門が「平静日」に区内の企業に立ち入るのは禁止され、やるべき仕事は月末に集中してやることにしている。

「十一五」期間に、徳山経済開発区は「産業新城、都市新区」の定位に従い、「南下東進」の方針を実施し、プロジェクト立区、産業強区、科技興区という発展の道筋を堅持し、工業生産額が100億元を突破して国家クラスの重点開発区に昇格するという目標を達成するために努力する。



Print pages Close the windows
 
Copyright © 2010 www.changde.gov.cn All Rights Reserved 常徳市人民政府主催 版権所有者
引き受けてする側:常徳市政府情報化事務室 住所:常徳市政務センター四階:電話:0736-7256165
ニュース・ホットライン:0736-7755111 リンク・ホットライン:0736-7755222 コマーシャル・ホットライン:18673633002
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统