ホーム             |             今日常德             |             政府機構             |             商業活動             |             トラベル
 
 
ホーム
> トラベル > 旅行名所
 
 
夾山寺
Public date: 2010-10-20 Search numbers:Type size:[ Large Middle Small ]

 夾山寺は、湖南省石門県から8キロ離れて、国立森林公園、夾山寺、闖王陵、碧岩泉とその他の観光スポットからなっている。総面積が3平方キロメートルである。夾山寺は国立森林公園のデモ庭園であり、AAAレベルの観光スポットである。

 夾山寺はまた霊泉禅院と名づけられた。西暦870年に建てられ、唐の懿宗、宋の神宗、元の世祖の「三代皇帝に修理を命」じられた。明の末、李自成が敗北し、夾山で30年住職した。宮殿が9軒と宮が1軒ある大規模な建築である。後生に、戦争の混乱で数度つぶれ、また修復され、現在は宮殿が6軒と宮が1軒の形に回復された。夾山はお茶と禅で東アジアで名高い。夾山の牛抵茶が宋から清にかけて貢物として朝貢されていた。碧岩泉はお茶を淹れる水として最高の泉である。夾山寺の開祖である善会はここでお茶を飲みながら禅を述べ、「茶禅一味」の真諦を悟ったといわれている。中国茶禅学会の専門家の研究によると、夾山は「茶禅」、「茶道」の発祥地だそうである。「禅の最高の本」と評価された『碧岩録』には宋の高僧である園悟克勤の説法が掲載されてある。この本は中国、日本及び東南アジア諸国に大きな影響を与えた。

 1993年以来、中国社会科学院の歴史研究所、中国明代歴史学会、湖南省李自成帰属問題研究会は、李自成の逝去した場所を確認するために、石門県で3回もシンポジウムを開催した。共同で収集され、出土された遺物を調べ、分析した結果、李自成が夾山で隠居し、円寂したことを明らかにした。農民一揆のリーダーを記念するために、1992年に清乾隆帝の漁洲知事である何磷が述べた元の外観の下で闖王陵を修復した。壮大なスケールで、30エーカーの明、清の時代の建築風の闖王陵は「湖南一の墓」と呼ばれている。




Print pages Close the windows
 
Copyright © 2010 www.changde.gov.cn All Rights Reserved 常徳市人民政府主催 版権所有者
引き受けてする側:常徳市政府情報化事務室 住所:常徳市政務センター四階:電話:0736-7256165
ニュース・ホットライン:0736-7755111 リンク・ホットライン:0736-7755222 コマーシャル・ホットライン:18673633002
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统