ホーム             |             今日常德             |             政府機構             |             商業活動             |             トラベル
 
 
ホーム
> 今日常徳 > 社会生活
 
 
常徳市の歴史文化
Public date: 2010-11-28 Search numbers:Type size:[ Large Middle Small ]
 常徳市は湖南省の最古の都市の一つであり、2270年以上の歴史を持っている有名な都市である。旧石器時代からここで人間が生きていたことが明らかになったので、長い歴史と古い文化を持っている常徳市は、「文化財の豊かな国」や「人間文明の始まり」と称されている。昔、尭は舜に王位を譲ってから、徳山に隠居し、戦国時代の楚の春申君は3千人の食客を養い、楚の詩人である屈原は追放されていた間、柳葉湖で釣りをしていた話がある。それに、劉禹錫は常徳市に10年ほど住んでいて、太陽山に6回登った。楊幺は一揆を起こし、柳葉湖で要塞を作った。袁宏道のように帰ることを忘れ、常徳市の美しい風景を満喫した有名人が数えられない。したがって、常徳市には、王と姫の墓、書院と禅寺、道観と仏塔など有名な建物と塔は数えられないほどある。それらは常徳市の古代文化のすばらしさを語っている。

文化都市として、常徳には、有名人の足跡が多数残っている。例えば、馬援、沈括、孟浩然、李白、冦準、王安石、林則徐など、有名な現代革命家である秋瑾、向警予、愛国将領である馮玉祥、有名な政治家や軍事戦略家である林伯渠、劉复基、滕代遠、粟裕、廖漢生など、有名な作家である郭沫若、聞一多、丁玲、沈从文など、有名な学者である華羅庚、翦伯賛などである。常徳市に住んでいた有名人も、常徳市で仕事した有名人も常徳の豊かな文化遺産の歴史に貢献した。特に毛沢東は常徳市に2回行き、任弼時、彭徳懐、賀竜、劉伯承、鄧小平、胡耀邦など、国家の重要な指導者たちは常徳市で闘っていた。またはか革命の活動に従事していた。常徳市の豊かな文化土壌では数多くの人材が育った。常徳市は歴史の各時期に国内外で輝いていた。



Print pages Close the windows
 
Copyright © 2010 www.changde.gov.cn All Rights Reserved 常徳市人民政府主催 版権所有者
引き受けてする側:常徳市政府情報化事務室 住所:常徳市政務センター四階:電話:0736-7256165
ニュース・ホットライン:0736-7755111 リンク・ホットライン:0736-7755222 コマーシャル・ホットライン:18673633002
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统