ホーム             |             今日常德             |             政府機構             |             商業活動             |             トラベル
 
 
ホーム > ニュース
 
 
農村集団所有権制度改革の試行には「四種類」を決定
Public date: 2018-01-07 Search numbers:Type size:[ Large Middle Small ]

 「施家陂村集団経済の発展基盤がよくて、村の両委チームは能力が高くて、村民の株式改革願いは強い上に、村の諸事情の実況を考えて鼎城区農村集団所有権制度改革の試行村が施家陂村に決まった」。2017年12月28日に、鼎城区謝家舗鎮施家陂村集団株式経済協同組合の成立会議では、市農経ステーション責任者は次のように話した。常徳市農村集団所有権制度改革の試行工作中、彼らは終始「実際に結びつけて適切な措置を取る」工作原則を堅持している。目前まで、常徳市8つの区・県(市)と常徳経済開発区の農村集団所有権制度改革の試行工作は順調に進んでおり、最終段階に入っている。そのうち、津市、桃源、漢寿、鼎城、澧県、臨澧と常徳経済開発区は既に株式改革が成功し、株式経済協同組合が成立した。石門県と安卿県は株式改革前期工作を完成し、近いうちに株式経済協同組合が成立し改革を完成する。

 農村集団所有権制度改革事業は複雑で辛いことで、功を焦ることはできない。民衆の意見を尊重し、発展現状に基づいて改革を推し進めていく。2018には常徳市農村集団所有権制度改革の試行工作は全市で条件がそろっている城中村、城郊村、開発区村、経済発達村(四種類)で展開していく。また、湖南省の統一手配に従って、「進度は品質に服従する」要求によって整然として改革事業を進んでいくそうだ。


中国常徳 1月7日(日)掲載

翻訳者 謝彩虹 甘書逸





Print pages Close the windows
 
Copyright © 2010 www.changde.gov.cn All Rights Reserved 常徳市人民政府主催 版権所有者
引き受けてする側:常徳市政府情報化事務室 住所:常徳市政務センター四階:電話:0736-7256165
ニュース・ホットライン:0736-7755111 リンク・ホットライン:0736-7755222 コマーシャル・ホットライン:18673633002
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统