常徳ニュース

    常徳市指導者たちが深セン市へ安全生産経験を学び

    发布日期:2018-12-01 信息来源:常徳市政府網 字体:[ ]

     11月29日、常徳市人大常委会党組書記、副主任の瀋習淼氏と副市長の湯祚国氏は関係部門の責任者たちを引率して深圳市(深セン市)長安標致雪鉄竜公司へ考察しに行った。

     長安標致雪鉄竜公司では、考察団は企業の基本状況や安全管理措置、安全文化建設などについての紹介を聞き取っていた。その後、当企業のプレス作業場、組立生産場など生産ラインを見学し、企業の各生産操作のルールとプロセスを見てみた。実地考察が終了した後で、常徳考察団は深圳市安監局及び企業の責任者たちと会談し、深圳市が企業安全生産の責任主体の確定と安全生産分野での発展や改革の措置について意見を交わした。

     湯祚国氏は長安標致雪鉄竜公司が終始に安全生産を企業発展の第一要素として心がけ、安全施設や職業健康など面に遅滞なく資金を投入し、職員の安心して仕事をすることを確保できたと指摘した。また、深圳市が改革開放の最前線として、安全生産監督管理において比較的に高い水準を持ち、特に安全生産の社会環境作りや輿論宣伝、監督システムの建設において豊富な経験を積み重ねているので、我々が学ぶに値すると語った。

                     

    中国常徳 12月1日(土)掲載

    翻訳者 謝彩虹 胡潔


    【打印本页】【关闭窗口】

    分享到:

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统