常徳ニュース

    中華秋沙鴨保護国際検討会が常徳市で開催

    发布日期:2018-12-09 信息来源:常徳市政府網 字体:[ ]

     12月7日に中華秋沙鴨保護国際検討会が常徳市で開催された。中国及びロシア、イギリス、韓国など国からの130人あまりの専門家や学者が一堂に集り、中華秋沙鴨保護など

      問題について検討した。検討会に出席した専門家や学者はロシア科学院遠東部北部生物研究所高級研究員のアンナ·ソロビエワ、韓国観鳥会会長のニール·モルス、イギリスの湿地と水鳥基金会(WWT)専門家 のRichard Hearn、国家林業と草原局副局長の李春良、北京林業大学自然保護区学院院長(学部部長)の雷光春など人だ。常徳市人民政府副市長の龚徳漢が歓迎の挨拶をした。

     中華秋沙鴨は東アジア特有の動物種類で、国家一級重要保護野生動物だ。常徳市は中華秋沙鴨の越冬地の一つで、良い観測基盤を持っている。2007年に常徳市は初めて中華秋沙鴨の活動を記した。目前桃源沅水国家湿地公園、湖南壺瓶山国家級自然保護区、石門仙陽湖国家湿地公園には生息越冬する中華秋沙鴨は150匹以上いる。

     今会議は第十回中国洞庭湖国際観鳥活動の一つで、絶滅危惧動物の保護と学界の一度の盛会だ。会議では、主に中華秋沙鴨区域構造や東アジア--オーストラリア移転区中華秋沙鴨保護、常徳市中華秋沙鴨越冬地調査など状況について検討した。会議が北京林業大学と常徳市湿地保護委員会の主催で行われた。

                   

    尚一網 12月9日(日)掲載

    翻訳者 謝彩虹 胡潔


    【打印本页】【关闭窗口】

    分享到:

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统