観光祭

    石門県のミカン祭り

    发布日期:2018-06-02 信息来源:常徳市政府網 字体:[ ]


      石門県は、有名なオレンジ色のミカンの産地で、600年以上のミカン栽培史を持っている。ミカン産業は、石門県の農業の最大の支柱産業になっている。1998年、石門県は湖南省統計局に「湖南省における果物収量のナンバーワン」と賞賛された。200010月、石門県は中国ミカン学会に「中国一の早生みかん郡」と認められた。20019月、石門県は中国の国家林業総局に「中国ミカンの郷」と名づけられた。1968年にカナダに対する輸出がはじまり、現在、石門県の早生ミカンはアルゼンチン、カナダ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ロシア、北朝鮮、香港、マカオなどの十数か国や地域に広がっている。37年間の連続輸出、2.5トン以上の年間輸出量で、石門県は中国最大の早生ミカンの生産と輸出基地となっている。2001年以来、石門県は毎年の10月に「中国(湖南・石門)のミカン祭」を主催する。今まで、10回の「中国(湖南・石門)のミカン祭」が順調に開催された。この祭りで、石門県のエレガントな姿を人々に知ってもらう。ミカンの販売と石門県の発展はその狙いである。

    【打印本页】【关闭窗口】

    分享到:

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统