常徳ニュース

    副市長が高新区を視察:千億工業団地を目指し 産業新城を建設

    发布日期:2018-07-27 信息来源:常徳市政府網 字体:[ ]

      7月26日、常徳市委常委・常務副市長陳恢清をはじめとする視察団が常徳高新区を視察し、座談会を開いた。

      2018年上半期、常徳高新区は大きな成果を出した。工業総生産額が10.7%増で92.8億元になった。その中、規模工業総生産額(国有工業企業と年間売上2000万元以上の非国有企業の総生産額を指す)が14.8%増で77.3%であり、規模工業付加価値額を18.3億元実現。固定資産投資額が23.8億元に上り、その中、工業固定資産投資額13.9億元、インフラストラクチャー投資額9.9億元に上った。また、財政収入2.89億元の中、税収2.18億元である。

      副市長陳恢清が区内建設状況を視察し、高新区の申し出た問題について関連部署との協調を指示した。また陳は、高新区が常徳市「開放強市・産業立市」戦略の成長拠点であり、区内のプロジェクト建設を実行し、企業誘致に力を入れるように頑張るべき。政府からも区の発展を全力にバックアップすると表明した。


    尚一網 2018年7月27日(金)掲載

    翻訳者:金菁琳 譚雪婷


    【打印本页】【关闭窗口】

    分享到:

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统