常徳ニュース

    「政策市」から「市場市」へ 良質かつ価格買得で食糧栽培構成を調整

    发布日期:2018-08-05 信息来源:常徳市政府網 字体:[ ]

     8月2日、鼎城区謝家舗鎮億沢水稲専門合作社は食糧を渡しに来た農民でいっぱいで、質検査、重さ量り、入庫など手続きで、現場はにぎわっていた。合作社の責任者は我々は合作社のメンバーを指導して水稲栽培構成を調整させ、食糧の品質をアップさせ、「市場市」で先に立たせようとしているところだと言った。

     常徳市食糧局の責任者の紹介によると、今年全市は早稲栽培面積が343.5万ムで、生産量が130.2万トン、そのうち、商品糧が102.45万トン、買付糧が78.75万トンだそうだ。

    食糧買付政策の改善で今年早稲の買付は品質検査が先に買付が後で、「政策市」から「市場市」へ転換。常徳市は食糧生産の重要都市だから、各地人民政府はこの政策の動向をしっかり把握し、栽培構成を最適化にし、食糧の品質を高めるようにするべきだという。

     「先检後收」(品質検査が先に買付が後で)というのは今年国家が稲の谷の最低買付価格の品質基準を過去の国標五等以上(五等含む)から国標三等以上(三等含む)に調整し、四等以下(四等含む)の食糧は各地人民政府が指導して市場化方式で買い付けることだ。


    中国常徳 8月5日(日)掲載

    翻訳者 謝彩虹 甘書逸


    【打印本页】【关闭窗口】

    分享到:

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统