常徳ニュース

    常徳市高新区 初のハイテク技術交流会開催交流で創新促進、創新で発展推し進め

    发布日期:2018-08-08 信息来源:常徳市政府網 字体:[ ]

     昨日、常徳市高新区(ハイテク技術区)は初のハイテク技術交流会を開催した。北京航空航天大学教授、長江学者特任教授である蔡国飙氏が常徳市高新区北京航空航天大学博士ワークステーションの専門家を10数人引率して、湖南文理学院と常徳高新区企業からの関連責任者100人余りと一堂に集まり、園区の発展計画を相談し、科学技術革新の成果を共有した。



    交流会現場


     今回のハイテク技術交流会は鼎城区政府と常德高新区管委会の主催で、常徳市高新区北京航空航天大学博士ワークステーションと常徳市高新区創新創業サービスセンターが組織して開催された。活動が今年4月に発足して以来、関連論文が20本余りを受け取った。交流会では、恒通機械、粤港模科など企業10社余りの関連責任者が論文を発表し、観衆席にいる各企業の責任者たちは真面目に報告を聞き取り、各自が関心する内容にも質問し、皆深く交流していた。

     なお、今現在までは、園区ハイテク技術企業は16社で、ハイテク技術生産額は116億元に達し、園区工業総生産額の51%を占めている。


    中国常徳 8月8日(水)掲載

    翻訳者 謝彩虹 甘書逸


    【打印本页】【关闭窗口】

    分享到:

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统