常徳ニュース

    市の指導者が学校の安全状況を視察

    发布日期:2019-10-26 信息来源:常德政府网站 字体:[ ]

    25日午前、副市長塗碧波氏をはじめとする一同は市内の一部の学校及びスクールバスの契約会社を訪問し、学校の安全作業、周辺環境とスクールバスの安全状況に関する調査を行った。

    塗碧波氏一同はまず市教育局に到着、コンピュータールームで高精細度ビデオを通じて市教育局に属する学校の入校場面を視察したのち、校内ビデオネットワークに関する調査を行った。その後、武陵区紫橋小学校、武陵区北正街恒大華府小学校、市第六中学校及び湖南龍潤交通運輸有限公司を訪問し、学校周辺の環境、安全作業、スクールバスの安全状況についても調査を行った。

    塗碧波氏が要求したのは以下の通り。各学校は関係部門と協力して学校の周辺環境改善に取り組み、学生、保護者、教師に対して安全知識の説明を行い、学校の警備員に対して専門的な訓練を行うこと。スクールバスの安全運行を維持するために、スクールバスの契約会社は車両を定期点検し、運転手に対して厳格な管理と訓練を行い、管理運営基準を強化すること。

                                                        常徳政府網 2019年10月26 日(土)掲載

                                                                                           翻訳者 黄麗敏 

    【打印本页】【关闭窗口】

    分享到:

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统