常徳ニュース

    桃源郷村が「美麗時代」へ

    发布日期:2019-02-08 信息来源:常徳市政府網 字体:[ ]

     春節期間に、中央テレビ財政チャンネルの撮影チームが桃源県牛車河鎮三紅村に「家郷的年味儿」(故郷の年越しのにおい)を発見しに来た。年豚を殺す、もちもちをする・・・美しい田舎が人を酔わせる。ここ数年、桃源県が郷村振興戦略を実施し、この広い郷土を「美麗時代」に踏み出させた。

     桃源県は常徳市の農業大県だ。目前全県には美しい村の省、市、県モデル村が19村あり、郷鎮「一鎮一村」モデル村創建村が28村、郷村振興モデル地区が2つある。県委常委聯村、聯片指導モデル地区が建設され、県直属機構から派遣されたチームが村に泊まって建設を援助し、社会各界の力を合わせて事業を推進するシステムが形成された。

     茶庵舗鎮松陽坪村、馬鬃岭鎮木槎橋村は市級レベル美しい村、牛車河鎮三紅村、毛坪村は中国伝統村落に入選し、夷望溪鎮は常徳市農村住居環境「十佳郷鎮」に入選した。

     「桃源紅茶」「桃花源富硒(セレン)」「桃源富硒香米」三大ブランドが作られ、第二回「世界茶祭」「硒博会」がスムーズに開催された。桃源紅茶は「湖南十大名茶」に、茶庵舗鎮は国家農業産業モデル鎮になった。楓林花海風景区が「全国百佳郷村旅行目的地」という名誉称号を獲得した。沙坪、楊溪橋、夷望溪など郷鎮が都市住民の祝祭日の生態レジャー旅行地になっている。


    中国常徳 2月8日(金)掲載

    翻訳者 謝彩虹 胡潔


    【打印本页】【关闭窗口】

    分享到:

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统