常徳ニュース

    4月19日ドイツ風情街で常徳市地域文化活動が開幕!

    发布日期:2019-04-20 信息来源:Changde Official Web Portal 字体:[ ]

    4月の常徳市は、柳緑桃紅、鳥語花香、周囲は春色に輝き、大道芸人や路上パフォーマーの活躍によってその活気は最高潮に達しつつある。419日午後7時、常徳市地域文化活動がドイツ風情街で本格的に開幕、年末まで継続される。ドイツ風情街のほかに、常徳河街もパフォーマーやアーティストの活動の舞台となる。


    ドイツ風情街

      イベント開始当日、主催者は市民のために、情熱的なフラッシュモブ、情感たっぷりの民謡、優美な箏、ダイナミックなロックなど、多彩なプログラムを用意した。ゲストは、「中国好声音」の第四半期全国ベスト10の選手である苦鬼氏、ピアノ界を代表する名手郎朗氏と二度の共演経験がある常徳ピアノ少年こと高天流雲氏、2018年「百事最強音」中国中部地域決勝で準優勝の張晨氏など。

      イベント期間中は、中国全土から募集したパフォーマーやアーティストが、常徳河街及びドイツ風情街で公演を行う。市民には、単なる見学者にとどまらない双方向性の参加が期待されている。イベント期間中には歌、ダンス、楽器演奏、マジック、アクロバットなど100近くのパフォーマンスが披露される予定。

     主催者によれば、今回の文化活動のキーワードは「路上」。多様なパフォーマンスが常徳河街及びドイツ風情街などの路上で披露され、誰もが年齢や地位を問わず、ひとしく楽しむことができるイベントになっているとのこと。

     今回の活動は、常徳市委員会広報部が指導し、常徳市文旅広電スポーツ局、常徳日報メディアグループが主催、常徳市経済建設投資集団、市文化館、尚一ネットが請け負っている。

                           尚一網 2019417日(木)掲載

    翻訳者 黄麗敏 

     

    【打印本页】【关闭窗口】

    分享到:

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统