常徳ニュース

    第10回全国パラリンピックにて常徳出身の射撃選手が金メダル

    发布日期:2019-05-21 信息来源:常德政府网站 字体:[ ]

    518天津で行われた第10全国パラリンピック及び第7回特別オリンピック射撃大会から朗報が届いた。常徳出身の黄興選手と楊超選手、株洲出身の黎敏選手が、SH1混合チームの25メートルピストル団体戦で活躍、1710総合成績で湖南省としては初となる今大会の金メダルを獲得した。

     

    黄興選手2016年のリオデジャネイロパラリンピック、2018年の清州パラリンピック世界選手権のダブルチャンピオンである。今回の団体戦及び個人予選において、良好なコンディションを維持し、586精密射撃294、速射射撃292点)の成績で国内記録を更新、楊超選手579の成績でそのについた。

     

    その後行われたSH1級混合チームの25メートルピストル個人戦決勝にて、両選手は金メダルと銀メダルを獲得。より安定したパフォーマンスを見せた楊超選手が、団体戦のチームメイトである黄興選手抑えて、金メダルを獲得黄興選手は銀メダルを獲得した。

     

    尚一網 2019521掲載

    翻訳者 黄麗敏

     

      

    【打印本页】【关闭窗口】

    分享到:

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统