常徳ニュース

    観光地での果物狩りが超人気

    发布日期:2019-06-16 信息来源:常德政府网站 字体:[ ]

    今月15日、「石門夾山第二回陶家岡脆桃采摘季活動」が開幕した。これは日本における桃狩りに相当するイベントである。観光客は美しい桃林を通り抜け、なるべく多くの桃を摘み取ることに挑戦。もっとも多くの桃を摘み取った人は「桃の王」と呼ばれ、入賞者には豊富な農産物が贈呈される仕組みだ。当日は千人以上の観光客が自然を満喫しながら、新鮮な桃5000キログラムあまりを摘み取った。

    現在はちょうど桃の季節にあたり、市の多くの観光地や果樹園では、さまざまな果物狩りが行われている。中でも、桃花源、石門の夾山、澧県の彭山は人気が高く、観光客数は増加の一途をたどっている。

    6月に入ると、桃花源にある万畝桃林は、モモ、ネクタリン、水密桃、蟠桃など多くの桃を付けた木でいっぱいになる。甘い果実の香りは、思わずよだれがこぼれ落ちるほど魅力的。69日から915日まで開催される「仙桃節」の期間中は、万畝桃林の入場料が20元となり、摘み取った桃は食べ放題となる。

    また、彭山では果物狩りのほかに、観光やレジャーなども体験することができる。最近発売された人気のセット券を利用すれば、入場料に加えて、特色のある中華料理、有機野菜、旬の果物がセットになったコースを100元未満で楽しむことができる。おすすめの果物はネクタリンで、6月現在は今年最後の収穫期に当たり、この機を逃すと来年まで待つしかないとのこと。

     

                                                

     常徳政府網 2019616日(掲載

    翻訳者 黄麗敏 

    【打印本页】【关闭窗口】

    分享到:

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统