常徳ニュース

    豚肉の価格が半月で3割上昇

    发布日期:2019-08-22 信息来源:常德政府网站 字体:[ ]

    全国的に食用豚の数が不足しているために、市の豚肉及び食用豚の価格が上昇していることが昨日、市発展改革委員会への取材により明らかになった。

    市内朝陽路市場における豚肉の価格は昨日の時点で500グラムあたり21元、甘露寺市場で500グラムあたり20元、竜港巷市場と赤旗市場と芷蘭市場で500グラムあたり22元。平均価格は500グラムあたり21.4元となり、86日時点と比べ、30.49%上昇している。

    また、優良種豚と雑種豚の買い付け価格は昨日の時点でいずれも50キログラムあたり1300元を記録し、前年比(815日)でそれぞれ83.1%91.18%上昇、前月比(725日)でそれぞれ73.33%75.68%上昇している。

    市発展改委価格監視センターによれば、第3四半期から豚肉の需給ギャップがさらに拡大する可能性があるとのこと。各級各部門は、価格と供給を安定させるべく疫病の防止及び肉製品の供給確保に注意を払い、また、市の養殖業者と産業チェーン企業は、環境負荷、消費行動の特徴、食肉加工などを総合的に考慮した上で、豚の飼育の最適化をより一層推進し、「不利」を「有利」に転換するよう工夫することが求められている。

     

    常徳政府網 2019821日(掲載

    翻訳者 黄麗敏 

    【打印本页】【关闭窗口】

    分享到:

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统