常徳ニュース

    常徳市市街における貨物車の通行規制区間が来月10日より拡大

    发布日期:2019-09-26 信息来源:常德政府网站 字体:[ ]

    常徳交通警察部門から都市交通環境の保護及び改善のために、常徳市市街における貨物車の通行規制区間が来月10日より拡大されることが、記者の取材によって25日、明らかになった。

    調整後の江北市街における通行規制区間は、双擁路(含まない)~常徳大道(双擁路から洞庭大道までの区間は含まない)~洞庭大道(常徳大道から太陽大道までの区間は含まない)~太陽大道(洞庭大道から陽山大道までの区間は含まない)~陽山大道(太陽大道から常徳大道までの区間は含まない)~高泗路(丹渓路から双擁路まで含む)~桃花源路輔道(高泗路から沅江まで含む)~沅江周辺。江南市街における通行規制区間は、金霞大道(含まない)より北部と善巻路(金霞大道から楊家港区間まで含む)。各種積載車、トレーラー、工事車両、特殊自動車、トラクター、三輪自動車などの貨物車は、通行許可証を取得していない場合、毎日7時~20時までのあいだ上記の通行規制区間を通行できない。生産と生活に関する貨物車は、通行規制時間帯に規制区間に進入する必要がある場合、市交通警察部門から通行許可証を取得することで、指定時間帯に指定路線を通行できる。また、常徳市所属でない貨物車が市街に進入する必要がある場合は、運転手は市政務センターで臨時通行証を申請しなければならない。

    常徳政府網 2019926日(掲載

    翻訳者 黄麗敏 

    【打印本页】【关闭窗口】

    分享到:

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统