常徳ニュース

現代農業の発展、貧困脱出の実施、美しい田舎の建設は 市委農村工作会議で強調

Source:常徳市政府網 Date:2016-03-04 17:35:09 【Fonts:Small Big

 3月2日午前、市委農村工作及び美しい田舎建設工作会議が行われた。会議では「十二・五」計画期間の「三農」工作が報告され、目前の農業農村の状況が分析され、2016年と「十三・五」計画期間の農業農村工作が按配され、2015年度全市農業農村工作優秀団体と個人が表彰された。市委副書記・市長の周徳睿は会議に出席し発言した。朱暁平副市長は工作報告をしていた。会議は徐正憲副書記に司会されていた。

 会議では「十二・五」以来全市が全力に農業現代化を推進し、社会主義新農村を建設してきた結果、常徳農業農村が著しく変化したこと、農民収入が大幅増加したこと、農村面目が大きく変わったこと、農村社会大局が調和がとれて安定していることが強調された。2015年は全市農業総生産額が588.5億元で、2010年と比べると144.5億元増加し、年平均成長率が5.8%だった。農業生産増加額が367.6億元に達した。全市農村住民一人当たり支配所得が11,744億元で、2010年と比べると6,109億元増加し、年平均成長率が15.8%だった。城郷住民の収入比は2010年の2.78対1から2015年の2.09対1に下がった。



周徳睿市長が発言し


徐正憲副書記が司会し


朱暁平副市長がこれからの農業農村工作報を手配し


会場


分享到:
【印刷】