常徳ニュース

市の指導者が大気汚染防止の管理作業を視察

Source:常德政府网站 Date:2019-08-28 15:24:39 【Fonts:Small Big

 昨日午後、副市長の塗碧波氏及び市生態環境局の関連責任者一行は津市、常徳経済開発区などを視察、大気汚染防止の管理監督について調査を行った。

  塗碧波氏一行はまず、湖南湘澧塩化有限責任公司の石炭ボイラーの超低排出改造プロジェクトを視察。当プロジェクトは省の「2019年夏季攻勢」審査プロジェクトであり、すでに入札などの作業を完了している。塗碧波氏は湘澧塩化有限責任公に対して、修正要件を遵守つつもなるべく早くプロジェクトを完成させるべきだと指摘。関連部門は企業に協力し、積極的に省に報告するよう求められている。

  また、常徳市第二中学校の空気品質監視スポットでは、常徳経済開発区の大気汚染防止作業状況の説明を聞き、現場でリアルタイムデータを確認。関連部門は今後、監視スポットの修繕および巡回監督管理を行うとともに汚染源を探り、大気を持続的に改善するためのさまざまな手段を厳格に実施していく方針。

 

常徳政府網 2019827日(掲載

翻訳者 黄麗敏 

分享到:
【印刷】