常徳ニュース

生態環境保護に関する社会的満足度が全省一位に

Source: Date:2020-01-24 14:15:59 【Fonts:Small Big

市生態環境局から朗報が届いた。2019年全省汚染防止の攻防戦審査において、常徳市の生態環境保護に関する満足度が去年に引き続き全省一位を達成、防衛に成功した。

2019年、省級以上の都市を対象とした23の審査項目のうち、常徳市は22項目でⅡ—Ⅲ類を保持。第3四半期の国家地表水質審査ランキングでは、全国338市級以上の部門で上位40位にランクイン。市街区の大気優良日数は277日に達し、優良率は75.9%であった。省汚染防治攻防戦「2019年夏攻勢」で定められた改善項目65件、市で定められた77件はすべて達成。中央環境保護督察によって提出された17件の問題のうち、14件は既に解決、242件の苦情も既に処理されている。また、省環境保護督察によって提出された45件の問今年、市は高い水準で計画を推進し、汚染防止の攻防戦を続ける予定。一ヶ月に一度のペースで調査を行い、問題点を指摘評価し、通達をすることで、問題に焦点を当て、国民の環境意識を向上させ、生態環境保護に関する社会的満足度の向上に努める方針だ。題のうち、37件がすでに解決、503件の苦情も既に処理されている。

今年、市は高い水準で計画を推進し、汚染防止の攻防戦を続ける予定。一ヶ月に一度のペースで調査を行い、問題点を指摘評価し、通達をすることで、問題に焦点を当て、国民の環境意識を向上させ、生態環境保護に関する社会的満足度の向上に努める方針だ。

 

常徳政府網 2020124日(金)掲載

翻訳者 黄麗敏

 


分享到:
【印刷】