常徳ニュース

周徳睿氏が常徳在住の外国人らを慰問

Source: Date:2020-02-22 15:55:07 【Fonts:Small Big

今月21日午後、常徳市委書記兼市人民代表大会常務委員会主任の周徳睿氏が、恒安紙業、常徳清藍水務有限公司、卡楽星球、ドイツ風情街と湖南文理学院を訪れ、同市在住の外国人及び香港・マカオ・台湾籍の人々を慰問し、防疫物資を贈った。

10a92f3753734d41a3391d6fc1a7a9c0.png

新型コロナウイルス感染が発生して以来、市委員会市政府は常徳在住の外国人及び香港・マカオ・台湾籍の人々の不安を払拭しつつ、流行に打ち勝ち、企業の営業・操業再開をすべく、積極的な調査と共に「ネットワーク化」管理を実行している。

78ebd713821d4fb6b8a2c96a6368aa89.png

恒安紙業(香港投資企業)を訪問する周德睿氏一行。

周徳睿氏一行は、恒安紙業(香港投資企業)、常徳清藍水務有限公司(台湾投資企業)を訪問。医療用マスク、消毒用アルコール、次亜塩素酸ナトリウム消毒液など、防疫に役立つ物資を企業に贈った。周氏は「感染発生以来、常徳市は感染予防・抑制の取り組みを力強く秩序をもって推進し、非常に良い結果を得ている。企業には引き続き、感染予防・抑制の取り組みを着実に実行し、安全を確保しつつ、営業・操業再開を推進してもらいたい。困難を共に乗り越えよう」と語った。

1a03ab0a023e46b3acec64d97aa79c3b.png

卡楽星球で外国人キャストを慰問し、防疫物資と食品を贈る周德睿氏一行。

0ca8f83702ec46868b6f1aee4897326d.png

湖南文理学院で外国人教師と留学生代表を慰問し、防疫物資と食品を贈る周德睿氏一行。

また、周徳睿氏は卡楽星球、ドイツ風情街、湖南文理学院において、外国人キャスト、ドイツ焙煎コーヒーの外国籍スタッフ、外国人教師と留学生代表を慰問し、防疫のための物資と食品を贈った。周氏は「疫病の発生は我々にとって試練である。中国政府と中国人民は共に全力で治療を行い、徹底的な感染防止措置を講じ、感染拡大を効果的に阻止している。我々はこの試練に完全勝利する能力があると確信している。常徳は悠久の歴史を持つ現代都市であり、改革開放を堅持することを市委市政府の指導思想としている都市でもある。常徳の発展には国際的な支持が必要だ。皆さんにはぜひ引き続き健康に気をつけていただき、常徳での美しい生活を楽しんでもらいたい」と語った。

同行する朱水平氏、羅先東氏、李育智氏、谷正気氏ら。

 

常徳全媒 2020222日()掲載

翻訳者 黄麗敏

 


分享到:
【印刷】