常徳ニュース

年内に建設および改善される幹線道路は計106キロメートルに

Source: Date:2020-03-25 13:10:11 【Fonts:Small Big

昨日、市の交通運輸部門に対する記者の取材によって、今年中に建設および整備改善される幹線道路の区間が計106キロメートルになるという見込みが明らかになった。

今年の幹線道路建設の達成目標は以下の通り。沅澧快速幹線4号大道常張高速道路線(河洑~桃源駅)の9月開通。沅澧快速幹線8号大道(烽火~澧県内、澧合口大橋~石門高橋、西湖三角堤~西湖鎮、安郷理興~黄山頭)の本工事完成。高速幹線1号大道(張公廟~太平公路臨澧段)、2号大道澧県段A1標、桃源駅~龍潭公路、柳家官荘坪、石門北駅~新関樟木渡)、張九台大橋、張公廟澧水大橋の迅速な建設。また、最重要道路工事計画として、農村を通りぬける道路の建設も予定されている。この計画について、市は、6月末までに各農村を通りぬけるコンクリートの道路区間1376.5 km(早期に建設した区間936キロを含む)を建設、11月末までに既にある道路の整備改善(狭隘道路拡幅整備区間213 km、営林署専用道路区間31 km)を済ませる見込みだという。

 

徳政府網 2020325日(水)掲載

翻訳者 黄麗敏


分享到:
【印刷】