常徳ニュース

環境に配慮した清明節を提唱

Source: Date:2020-03-28 12:10:49 【Fonts:Small Big

昨日、2020年清明節大気汚染防止作業会が開催された。会議では「清明節期間中における大気汚染防止作業の管理強化に関する通知」(略称「通知」)が読み上げられた。出席したのは、武陵区、鼎城区、常徳経開区、常徳高新区、柳葉湖観光リゾートの33の郷鎮(街道)及び各警察署の主要責任者。

「通知」は、327日から410日まで、清明節に祭礼を行う地域を厳格に監視し、監督管理を強化するよう求めるもの。紙幣を燃やしたり花火を打ち上げたりすることが禁止されている地域や参拝所については、管理の強化と規則の遵守を徹底、また、墓参りに向かう人々が集まる地域や道路を中心に、森林の防火監督管理を強化することも要請している。伝統的な祭礼が許されている地域においても、火災事故を未然に防ぐべく、開放的な場所で行うよう事前に人々を説得することが求められている。会議では、大気汚染防止策が不十分であった関連部門および責任者は、厳格な説明責任を負うことも指摘された。

 

徳政府網 2020328日()掲載

翻訳者 黄麗敏


分享到:
【印刷】