常徳ニュース

常徳を暖める春の足跡

Source: Date:2020-03-04 14:20:48 【Fonts:Small Big

 予定通りに訪れない春はないが、今年ほど静寂に満ちた春もまたなかった。

 今年も春がやってきて、常徳を春の装いで飾りたてている。野原でも、丘でも、春の絵筆が大地を色鮮やかに彩っている。

 農家のひとびとが春のメッセージを見逃すことはない。田んぼでは、土がすき起こされ、菜の花が咲き乱れている。ビニールハウスでは、ゴーヤのつるが上へと伸び、とうもろこしの苗も大きくなろうとしている。丘では、休眠期を迎えた柑橘園が元肥を施され、野菜園も次のサイクルに向けて整理されている。

 寒冬越しの、春の息吹は喜ばしいものだ。都心の公園でも、田舎の田畑でも、桜が咲き始めている。桃も蕾を膨らませ、柳も芽を出している。

 独り占めしたくなるぐらい、この希望に満ちた春は愛しい。今春の苦難が終わったら、愛する人と一緒に、春を抱きに行こう。

 

cd03093fff19420d9a7ddf5148989bcb.jpg

3月1日、市内高山通り付近。満開の桜並木が、市民の視線を惹きつけている。

 

d65003381c204efdbbe6daeb487271e0.jpg

3月1日、澧県大堰鎮熊家湾村。耕運機が早稲の田んぼを耕している。

 

52c349ee10a54fbead9751a5cc24b5e1.jpg

2月29日、当県野菜産業園。漢寿農業技術指導ボランティアチームが、温室で苗作りの指導を行っている。

 

 

fbd8435d40a74be3944d223c77e04266.jpg

3月1日、石門県蒙泉鎮。村民がトラクターで田んぼを耕している。

 

b470a737d2834308999b5189c5fe2cbe.jpg

3月2日、常徳職業技術学院。満開の桃の花。学校のスタッフによれば、今年は防疫の観点から、キャンパスを市民に開放していないという。

 

a774f1aa8e574f6db85647993c2a2aad.jpg

2月26日朝。春雨の中、洪水救援記念碑に柳の新芽が照り映えている。

 

尚一網 2020年3月4日(水)掲載

翻訳者 金菁琳 鐘花雨


分享到:
【印刷】