常徳ニュース

武漢支援医療チーム最後の35人が本日常徳に帰還

Source: Date:2020-04-09 11:30:43 【Fonts:Small Big

4月7日、湖南省の武漢支援医療チーム最後の174使命を果たし、武漢から撤収午後6時ごろ長沙に到着した。その中の35人は、常徳の医療従事者だ。

e5da52dbc4ce44bfa6fb179296d8749e.jpg

c1af62f384e64a4c8fd344d202a61157.jpg

86dca2f4e0c14a28ac951db3a144aa77.jpg

4月7日午後6時ごろ、長沙南駅に到着した常徳の医療スタッフたち

 

 35人は全員湘雅常徳病院のスタッフで、2月21日から武漢に派遣されていた。主に重症患者を治療する金銀潭病院で47日間戦い、危篤者や重傷者を収容しているエリアでも二度に渡って奮闘、医療救助の任務を無事果たした。

998369b200c94369937440a15b8f8c52.jpg

専用の送迎バスで常徳に戻る医療スタッフ

 

 長沙南駅での簡単な歓迎式に参加後、チームメンバーたちは専用の送迎バスで常徳に帰り、隔離ホテルで14日間の隔離観察を受ける。

 

尚一網 2020年4月7日(火)掲載

翻訳者 金菁琳 鐘花雨


分享到:
【印刷】