常徳ニュース

西洞庭農墾博物館を訪問 情熱を燃やした日々を体験

Source: Date:2020-04-15 10:50:53 【Fonts:Small Big

4月15日、記者は湖南省唯一の農墾歴史をテーマとした博物館である西洞庭農墾博物館を訪問。先人が情熱を燃やした日々を体験するとともに、困難な時期でもめげることのない鋭意進取、自力更生、刻苦奮闘の精神を学んだ。西洞庭農墾博物館は2015年10月に設立。300平方メートルもの展示ホールを有し、20000点以上もの農墾文化に関する展示物を展示している

80a8f116d85941e2a8f7205290e19b3f.jpg

農墾時代に使われた農具。今や貴重な文化財である。

 

50e3b56e20af497988f5b70f3ce12fce.jpg

農墾時代に使われた飯鉢と鎌。作りは粗末だが、先人にとっては開拓の「利器」だった

 

e56d983afef04982942bd063c13eb61a.jpg

農夫らの集合写真。彼らの両手と忍耐こそが、荒地を鍬で耕し、竹篭で土を運び出し、美しい田園を作りあげた。

9af0164ef6ee4b9bb223ffd8fbc72acb.jpg

農夫らによって当時履かれていた靴。60年の月日が流れ去ったが、農墾精神は代々変わらず伝わっている。

 

尚一網 2020年4月15日(水)掲載

翻訳者 金菁琳 鐘花雨

 


分享到:
【印刷】