常徳ニュース

年内に5G基地局2000カ所建設へ

Source:常德政府网 Date:2020-04-25 10:00:25 【Fonts:Small Big

常徳市は今月24日、5G建設と開発についての会議を開催、副市長の湯祚国氏が演説を行った。

会議では、市発展改革委員会、市産業局、市行政認可局、市産業情報化局などの関係各部門や、テレコム、モバイル、ユニコム、ファーウェイなどの通信企業担当者らが、市の5Gの建設開発状況を報告。また、インフラや電力、各機器類や通信用端末アプリケーションなどにおける5Gの応用について紹介した。

湯祚国氏は、各企業や関係各部門がこれまでにあげた成果を高く評価した上で、責任をより明確にしつつ、市党委員会と市政府が意思決定を行うためのより強固な基盤を築くことを要求。インフラの整備、投資の拡大、消費の促進、安定した雇用の実現のためにも、現在の発展動向と機会を慎重に検討し、5G技術の巨大な潜在力と市場需要を見極め、質の高い成長を遂げるために必要な支援技術と市場環境を提供する必要があると同時に、5Gネットワークの構築、基地局のレイアウトと産業発展について詳細な計画案を作成し、サービスを最適化した上で、公共資源を合理的に利用し、5G技術がその品質と効率を十全に発揮できるようにしなければならないと語った。また、関係各部門や各地域は、市の5G産業計画と産業応用プログラムが承認されるよう、5G建設計画のためのブリーフィングを行い、ファーウェイなどの通信企業と積極的にコミュニケーションをとる必要があるとした。

常徳政府網 2020年25日()掲載

翻訳者 黄麗敏


分享到:
【印刷】