常徳ニュース

美しい常徳へ 私たちは動いている ——常徳の環境保護民間ボランティア組織を取材

Source:尚一网 Date:2020-06-06 11:30:49 【Fonts:Small Big

 環境保護は、政府だけで取り組むべき課題ではない。社会にいる一人一人の力が必要だ。常徳の美しさには、環境保護ボランティアたちの努力が欠かせない。

 

1.常徳市環境保護ボランティア協会

b562048cf6c346478dacb6d10d73cb24.png

 2007年、市人大城環委(常徳市人民代表大会都市環境委員会)のサポートで「常徳市環境保護ボランティア協会」が立ち上がった。それから13年間発展し続け、今は10000人以上もの参加者を有する常徳最大規模のボランティア組織となった。協会は毎年欠かさず「母なる川を守る」活動を行うほか、世界森林の日、世界水の日、世界気象の日、世界環境の日などに、各社区や学校などで環境保護プロモーションを行ってきた。2016年から大学生ボランティアの育成にも取り組み、「湖南文理学院文史文法ボランティアサービスチーム」、「湖南文理学院緑韻協会」、「湖南文理学院芙蓉学院工学・技術学科ボランティア組織」、「湖南高等職業技術学院緑翼協会」の指導とボランティア育成に注力している

 

2.常徳護鳥営(野鳥を守る会)


ab96608079154ea78a9d5583e02b495a.png

 2016年創立された常徳護鳥営には、現在300人以上のボランティアが在籍している。出稼ぎ農民の聶羅敏氏は、13年前野生動物販売事件の調査に協力をして以来、野鳥の保護に励んできた。2016年から、環境保護に熱心な常徳タバコ会社社員の劉作雲氏と出会い、常徳護鳥営を創立した。中国生物多様性保護緑色発展基金と湖南省環境保護連合ボランティアサービス会のサポートを受け、会員人数は一時3000人を超えた。その後、湖南文理学院護鳥営と湖南応用技術学院青年ボランティア協会の創立にも関わり、大学生ボランティアたちとともに鳥類捕獲用ネットを1000ヶ箇所以上から撤去し、渡り鳥を2000羽以上逃した実績をあげており、マスコミにも度々報道され、野鳥を守る意識を社会に広めた。

 

3.常徳市緑色江河生態環境保護センター

c9510dc46ca74fb98b1149b0480326c1.png

常徳市緑色江河生態環境保護センターは、2019年新たに設立された民間環境保護ボランティア組織だ。センターは「常徳の水域生態を守る」を理念に、環境保護専門知識の持つ人材を引き寄せ、常徳地域内を流れる沅水と澧水の二河川、そして西洞庭湖流域内のプラスチックゴミ汚染、汚水の違法排出、水系とそのほとりの不合理的利用などを調査、環境保護プロモーションを行い、流域内のゴミを清掃するなど、たくさんの活動をしてきた。

 

4.河流守望者常徳行動チーム

f34df5b3dea245b6aa99821c05bf0cba.png

 2016年に発足した河流守望者常徳行動チームは、都市部にある汚染された水域の環境保全に取り組んでいる。調査を行い、その情報を公表することによって、社会監督権を行使し、都市部の汚染水域の改善を大きく促進した。

 

5.武陵区紫橋小学校環境保護チーム

7d210df20a474f0cb8c1379b7af9859e.png

武陵区紫橋小学校は環境保護を特色にした小学校だ。2016年には、常徳市環境保護ボランティア協会の協力で、環境保護チームを立ち上げた。環境保護に関する授業がカリキュラムに組み込まれているだけではなく家庭や社会でも実践活動を行っている。毎年、環境保護をテーマにした絵画や創作活動も行い、市や省レベルの賞を受賞した優秀な作品は100件を超えている。

 

尚一網 2020年6月5日(金)掲載

翻訳者 金菁琳 鐘花雨


 




分享到:
【印刷】