常徳ニュース

常徳市民政局責任者が「湖南好人」を訪問

Source:尚一网 Date:2020-06-09 09:45:35 【Fonts:Small Big

 

 6月4日、常徳市民政局の責任者が武陵区府坪街道東湖巷社区、鼎城区堯天坪鎮双合橋村へ「湖南好人」を訪問、見舞金や扇風機といった生活必要品を提供した。「湖南好人」と認定された良心的な市民に対して、尊敬の意を表明すると同時に、市民の鏡たる彼らに政府の関心と思いやりを届けた格好だ。

 「湖南好人」であり、「常徳市親孝行道徳模範」でもある53歳の尹秋儀さんは、武陵区府坪街道東湖巷社区に在住。清掃作業員の仕事をしながらベッドに寝たきりの舅と重病の姑の世話を23年間休むことなく続けてきたまた、そればかりか、近所で一人暮らしをしているお年寄りの世話も長年にわたって無償で続けてきた。

 また、尹さんはである林長軍さん(62と「ボランティアサービススポット」を運営している。元市政務センターの近くに露店を出し、自転車とバイクの修理、遺失物取り扱い、常用応急薬品、ソーイングセット、飲用水、傘などを提供したり、スマホの充電サービス、政府政策の問い合わせ、道案内、古着リサイクルなどの便利なサービスを提供したりしながら、ボランティアの募集も行っている

 鼎城区第六回「十佳善徳公民」に認定された曾竹仙さんは、鼎城区堯天坪鎮双合橋村の村民で、今年76歳。毛細血管腫という病気を患いながら、ベッドに寝たきりの80歳の夫を16年も世話し続け、一人で家庭を支えてきた。

 

尚一網 2020年6月9日(火)掲載

翻訳者 金菁琳 鐘花雨


 


分享到:
【印刷】