常徳ニュース

常徳市消費者委員会:露店での買い物で注意すべき4つのポイント 常徳市消費者委員会2020年第10号消費警告 「露店経済」がヒット 買い物の際に注意を

Source:尚一网 Date:2020-06-12 10:00:26 【Fonts:Small Big

経済を活性化し、新型コロナウイルスの影響で減った収入を補うために提唱された「露店経済」は、庶民的かつ安価で親しみやすいので、消費者にも大人気。しかし、便利さの一方で、食品安全、商品の品質やアフターサービスの欠如などのリスクも存在する。消費者の権益を守るため、常徳市消費者委員会が以下の通り注意を呼びかけた

 一、食品安全意識を高めよう。夏は食物が腐りやすいので、露店や屋台で調理済みの食べ物を購入する場合、販売側の衛生状況、食材の新鮮度などを確認し、十分に加熱した後で食べよう。包装済み商品を購入する場合、食品生産許可、商品名称、生産会社名、製造日、賞味期限、保存条件、成分配合表などの有無を確認、包装が破損していないことも確かめたうえで購入しよう。食品安全問題が発覚した場合は、すぐ関係部門に通報しよう。

 二、品質を見分けよう。露店で販売される商品の多くは安価であり流通経路が不確かな場合が多く、品質の低い商品が紛れる可能性が高い。露店で買い物するとき、価格だけでなく、商品の品質にも注意しなければならない。下げ札やタグがあるか、包装が破損していないかを確認し、幾つかの店を回って比べてから買おう。

 三、虚偽宣伝に気をつけ、衝動買いを避けよう。露店で買い物するとき、「倒産したため在庫一掃」などと謳うセールや、安価なものを高価なものと称して売ったり、商品の効用を過大宣伝したりする手口に注意しよう。特に高齢者はこのような手口に注意すべきだ

 四、レシートを忘れず、自分の権益を守ろう。買い物するとき、レシートなど取引の証明になるものを取っておこう。万が一トラブルが起きた場合、12315ホットラインに電話で通報するか、地方の消費者組織に助けを求めるか、人民法院(裁判所)に訴えるときに、有力な証拠になる。

 

尚一網 2020年6月9日(火)掲載

翻訳者 金菁琳 鐘花雨


 


分享到:
【印刷】