常徳ニュース

鼎城区総合農業観光プロジェクトが発足

Source:常德政府网 Date:2020-06-19 15:35:57 【Fonts:Small Big

昨日午後、湯祚国常徳副市長が鼎城区総合農業観光プロジェクトのスケジューリング会議を主催し、大濃科技株式会社の責任者が常徳市朱家沖田園総合体プロジェクトについて紹介した。会議では、市自然資源企画局、市生態環境局、市林業局などの関係部署が、プロジェクトの企画・施工を協議した。

朱家沖田園総合体は、鼎城区堯天坪鎮朱家沖村を舞台とするプロジェクト。総面積は22,055畝、総投資額は15億元の予定。二つの茶(茶、茶油)文化産業園、革命歴史文化産業園、特色民俗宿泊経済小鎮、生態田園リゾート地、航空観光と人材育成の産業園、サービスエリア、特色経済栽培小鎮の、計七つの主要エリアから成る。

湯氏は席上で、大濃科技株式会社の投資に対する歓迎の意を表明。文化観光都市と観光地を構築する同プロジェクトに対して、政府も積極的に支援することを約束した。また、ブランド力と市場競争力を向上させるためにも、地元の文化をより深く探究し、効果的に計画を立てたうえで、各関連部署とよりいっそう協調するように指示。自然資源と交通資源をしっかりと見極めたうえで、具体案と計画を立て、一日も早く実施するようにしてほしいと語った。

常徳政府網 2020年619日()掲載

翻訳者 黄麗敏

 

 


分享到:
【印刷】