常徳ニュース

桃花源空港で車両火災の緊急時対応演習を実施

Source:常德政府网 Date:2020-08-13 11:10:08 【Fonts:Small Big

ここ数日、常徳では高温が続いている。常徳桃花源空港保障部消防分隊では6日、高温に由来する車両火災の緊急時対応演習を実施した。従業員の消防意識を強化し、責任感ある行動を着実に実行できるようにするのが狙いだ。

当日の午後、消防隊の当直の交換手が車両火災の電話を受けた後、迅速に車両位置を確認するところから演習はスタート。緊急事態時のマニュアルに従い、待機要員はすぐに作業服を着用、緊急車両に乗車し、消防士2名を現場に送り届けて消火活動を開始した。消防士らは火の燃え移りがないことを確認した後、再発火を防ぐために引き続き放水、高温によるタンクの爆発を防止するため、タンクの温度を下げることに尽力した。その間、他の従業員らは、自働車付近の車両を危険地域から速やかに撤退させた。演習は整然とした方法で組織され、明確に分業されていたため、消火活動は迅速かつ有効に行われ、広範囲におよぶ火災の拡大を阻止することに成功した。今回の緊急時対応演習を通じて、消防分隊による緊急事態措置の運用性が十分に確認されるとともに、従業員の緊急対応能力が改善され、空港の消防安全機能が保証された。

常徳政府網 2020813日(木)掲載

翻訳者 黄麗敏


分享到:
【印刷】