常徳ニュース

深圳および広州への臨時便 106便増加

Source:常德政府网 Date:2020-09-25 14:10:10 【Fonts:Small Big

国慶節兼中秋節を目前にひかえる中、中国南方航空会社は連休中の需要増に備え、925日から1010日にかけて、常徳桃花源空港から深圳および広州までの臨時便を106便増便する。

 臨時便である深圳常徳航路のフライトについては以下の通り。929日および106日は、深圳常徳(CZ2349便)が1455⇒1640着、常徳深圳(CZ2350便)が1730⇒1905着。926日から1010日まで(ただし火曜日を除く)は、深圳常徳(CZ2349便)が1550⇒1735着。同期間中の月·木·金曜日は常徳深圳(CZ2350便)が1850⇒2025着、同じく水·土·日曜日は常徳深圳(CZ2350便)が1915⇒2100着。また、103日から1010日まで(ただし水·木曜日を除く)は、深圳常徳(CZ2359便)が1000⇒1135着、常徳深圳(CZ2360便)が1235⇒1410着となっている。

 また、広州常徳航路の臨時便は、925日から1010日まで運航。広州常徳(CZ2035便)は755⇒935着、常徳広州(CZ2036便)は1035⇒1210着、広州常徳(CZ2257便)は1200⇒1335着、常徳広州(CZ2258便)は1430⇒1605着となっている。

   臨時便の航空券はすでに航空会社の公式サイトで販売を開始している。なお、フライト時刻の詳細は、航空券発売時のものに準ずる。

常徳政府網 2020925日() 掲載

                       翻訳者 黄麗敏


分享到:
【印刷】