常徳ニュース

常徳産の茶、四点が「国際大賞」受賞

Source:常德政府网 Date:2020-11-25 13:30:44 【Fonts:Small Big

昨日、第五回アジア太平洋茶茗大賞の審査結果が発表され、常徳産の茶三点が「特別金賞」、一点が「銀賞」を受賞したことが、市茶業弁に対する記者の取材によって明らかになった。

アジア太平洋茶茗大賞は、中国農業国際協力促進会茶産業委員会が発起し、世界の主要な茶生産国と輸入国の茶管理機構と業界組織が共同で開催、特別金賞、金賞、銀賞の三つの賞がある。第五回アジア太平洋茶茗大賞大会組織委員会は、今回、362品種の茶葉を審査した。

激しい競争の結果、石門渫峰名茶有限公司のブランド「渫峰」から「常徳紅茶」と「石門銀峰」が、湖南石門渫峰生態茶専業合作社の「石門小紅茶」が、3点そろって第五回アジア太平洋茶茗大賞特別金賞を受賞した。また、常徳市匠者茶業有限会社の「紅金芽」が銀賞を受賞した。

現在、常徳市内には茶畑がおよそ34.5万ムー、茶葉専門の会社が213社、茶葉加工企業が大手企業23社を含めて400社余りある。2019年の茶葉の総生産額は90億元に達し、就労人口は50万人余りに及ぶ。

 

常徳政府網 2020年11月25日(水) 掲載

                       翻訳者 黄麗敏

 


分享到:
【印刷】