常徳ニュース

常徳市が全国少数民族流動人口サービス管理モデル都市に選出

Source:常德政府网 Date:2020-11-27 10:45:31 【Fonts:Small Big

先日、国家人民委員会は第4回少数民族流動人口サービス管理モデル都市リスト(20都市)を発表した。常徳市は今回湖南省の市州として唯一選出。これは長沙市に次いで2番目の快挙ということになる。

少数民族流動人口サービス管理モデル都市とは、国家が少数民族流動人口サービスの管理を強化し、中華民族共同体意識を構築し、絶えず民族団結推進事業の強化・発展を図るために展開する事業だ。ここ数年、常徳市は「中華民族は大家族、一丸となって中国の夢を築く」を目標とし、着実に少数民族流動人口サービス管理を強化してきた。組織の保障を強化し、総合的な観点から「一局」をとらえ、キーポイントを把握し、リスクを防ぐための「一枚の網(ネット)」を作り、調和のための強固な土台を構築し、各民族を「一つの心」に結びつけるのが狙いだ。

施策の結果、常徳に移住した少数民族の人民は、常徳人としてのアイデンティティーを持ち、幸福感も絶えず向上している。各民族間の交流と融合が深まるとともに、平等・団結・協調・調和の社会主義民族関係も深まりつつある。現在、常徳市では5つの団体が「全国民族団結進歩模範集団」の栄誉称号を獲得、5つの郷・村・社区が「全省民族団結進歩モデル区(単位)」を獲得している。

 

常徳政府網 2020年11月27日(金) 掲載

                       翻訳者 黄麗敏

 


分享到:
【印刷】