常徳ニュース

常徳税関 市の柑橘輸出に助力

Source:尚一网 Date:2020-11-05 10:35:21 【Fonts:Small Big

 先日、石門県敦成農産品有限公司のみかんが長沙税関所属の常徳税関の検査に合格し、カナダへの貨物船に乗せられた。これは今年当公司がカナダへ輸出した133ロット目のみかんだ。

    做好“六工作,落六保”任针对辖区出口特点,入秋以来,常德海关极施策助力我市特色农产品柑橘出口,为鲜果出口开绿色通道”,受到企。他采取的措施主要是加大柑的日常帮扶力度,在种植环节提升品附加极指科学用、降低残;组织口帮助掌握合同行情况;在农业投入品使用、有害生物监测等方面提供种植源支持,帮助企业产品达到出口国要求。依托易“一窗口”和“互网 海关”两大平台,开通24小询热线、采取工作时间预约加班、关企微信群等无接触渠道,推行全流程网上业务一步事流程,随快放等措施保证货物及通关。

 近年来、常徳税関は果物輸出の優先政策を打ち出すほか、栽培段階から輸出目的国の基準に合わせた技術指導から、契約の履行状況のチェックまで丁寧に協力し、24時間制のホットラインと予約制の勤務時間外サービスなどを実施し、常徳特色農産品のみかんの輸出に全力で助力している。

7b9f487758c84bbe9f17f94d25b6a26c.jpg

柑橘栽培の技術指導をしている税関役員

 今年、常徳市の柑橘栽培面積は300平方キロ弱で、カナダ、フィリピン、タイなど海外からの注文が殺到している。

 

尚一網 2020年11月5日(木)掲載

翻訳者 金菁琳 鐘花雨

 


 


分享到:
【印刷】