常徳ニュース

桃花源が国家5A級観光地入り

Source:常德政府网 Date:2020-12-17 10:55:58 【Fonts:Small Big

国家文化観光部は昨日、国家級5A観光地の最新リストを公示した。同リストでは、全20省から21の観光地が「5A」の評価を獲得。常徳市桃花源観光区は今回、当省で唯一ランクインした。公示期間は10日間。

2001年に国家4A級観光地の評価を受けて以来、桃花源は国家5A級観光地の創設に力を入れている。市党委員会および市政府は、桃花源の観光地としての発展を推進するとともに市の管理下に置くべく、2011年に桃花源観光管理区を設立。約100億元を投資して3年間の改修工事を実施し、2つの山と1つの湖、秦渓秦谷など9つの景観を完成、面積を2平方キロメートルから20平方キロメートルに拡張した。

また、2018年以降、桃花源観光管理区は国家5A級観光地の創設を全区の中心事業として推進。厳しいルールに基づき、3つのカテゴリからなる114件のプロジェクトを完了させており、擂茶 (米、お茶、生姜などを擂って作るお茶)の文化体験館、桃花源文化研究センターを開設するなど、観光作業をさらに豊かにした。昨年の観光客数は300万人を超え、観光総合収入は10億元を突破した。

これとともに、桃花源では、飲食業、宿泊業、伝統工芸を取り入れた商品の開発と販売、研究観光など関連産業を大いに発展させている。景勝地とその周辺には500軒近くの飲食店、300軒近くのホテル・旅館・民宿があり、100種類以上の商品が開発・販売されている。また、農村の美しさを楽しむための場所として、約667000平方メートルにもおよぶ蓮の池、桃の果樹園など10カ所の観光スポットが開発されている。知名度と評判、影響力の拡大に伴い、桃花源は「中国十大文化景勝地」、「湖南省十大文化旅行地」、「全国最高自然生態観光地」、「中国天然酸素バー」など多くの栄誉称号を獲得している。

 

常徳政府網 20201217日(木) 掲載

                       翻訳者 黄麗敏

 


分享到:
【印刷】