常徳ニュース

「五つの振興」を中心に 桃花園の発展を推進

Source:常德政府网 Date:2021-01-26 09:40:08 【Fonts:Small Big

昨日、市常任委員会委員兼市委員会事務局長の羅先東氏が桃花園観光管理区の湯家山村と桃花園村を訪問。農村振興に関する調査を行った。

 羅先東氏一行は、湯家山村花渓谷民宿、擂茶体験センター、登山歩道の建設現場、台湾フルーツの栽培地域、桃花源村オイルヒマワリ産業園、秦溪東海岸沿いにある烏頭古村の大門、水生植物園、擂茶文化広場の建設現場などを訪れると、産業の発展具合、省内の農村住宅地改革の進展度、居住環境の改善点などを調べ、一連の成果を確認した。その後、一行は市委員会の駐村事務員の元を訪問した。

羅先東氏は、桃花源観光管理区の農村振興事業の成果を十分に評価した上で、中央農村工作会議の精神、特に習近平総書記の重要談話の精神を深く貫徹し、中国の特色ある社会主義農村振興の道を揺るぎなく歩むべきだと強調した。「五つの振興」は農村振興戦略を実行するための重要な手掛かりであり、産業人材文化生態組織の振興に力を入れるとともに、桃花園の歴史文化と豊かな資源を組み合わせることで体験型観光を創造し、グリーンベースの発展を堅持しながら人材を積極的に活用し、農業の質と効率を高め、住みやすく働きやすい農村を促進するもの。関係各部門は、計画人材資金プロジェクト産業などにかかわる計画を事前に立て、目標を明確にするとともに、力を合わせて農村の全面的な振興を目指し、桃花源観光管理区の発展を推進することが求められている。

 

常徳政府網 2021126日(火) 掲載

                       翻訳者 黄麗敏

 


分享到:
【印刷】