都市名刺

全国緑化模範都市

Source:常徳市政府網 Date:2018-07-09 11:27:20 【Fonts:Small Big

  先日、全国緑化委員会で、「全国緑化模範単位を表彰することと、全国緑化褒章を授与することについての決定」を披露した。常徳市は全国緑化模範都市という光栄な称号を獲得した。

 「全国緑化模範都市」は全国緑化委員会が国務院に委託された2003年から全国範囲で選択、評価された国家級の賞であり、都市の緑化成果の最高栄誉を象徴し、都市の生態環境優良の重要な標識である。ここ3年以来、わが市は国土の緑化建設に専属資金を投入して、城郷の緑化の歩調を速め、都市の緑色景観がだんだん増えて、郷村の生態環境が明らかに改善した。現在、全市は市有林地面積が70.3万ヘクタールであり、森林被覆率が47.98%であり、都市の区緑化被覆面積が3803.2ヘクタールであり、緑化被覆率が43.66%で、緑地面積が3422.4ヘクタールであり、緑地率が39.29%である。その中に、公園の緑地が1002ヘクタールであり、一人当たりの公園緑地面積が14.3平方メートルである。住居環境が快適で、都市の建設品格が高まって、持続可能な発展が増長して、全市の科学技術の発展と超規格の発展に対して、自然、緑の支持と生態の保障を提供した。


分享到:
【印刷】