都市名刺

国家節水型都市

Source:常徳市政府網 Date:2018-07-09 11:28:41 【Fonts:Small Big

  2009年年初、常徳市委、市政府は全省で先に「国家節水型都市を創建する」という決定を提出して、市政公用事業部門に対して明確に実施された。数年来、わが市は「開源と節流は重要、節水先動、汚染を治めるのは基本、科学開源、総合利用」という原則を堅持して、観念節水・制度節水・施設節水・科学節水を大いに推進した。市直部門と「四区」が積極的に協力して、社会各界が普遍的に参加して、節水創設の仕事が広範囲に理解され、「多水地区は節水しなくてもいい」という観念は根本的に変わり、湖南中煙常徳煙草会社や恒安造紙会社などの節水型企業とか、市委機関部門や武陵区政府機関部門などの30カ所の節水型単位とか、電力新村や金色暁島などの27カ所のコミュニティーが相次いで大量に出現した。

  2010年年末、常徳市は「湖南省節水型都市」になった。2011年5月、国家部委の考察によって、常徳市は「第五回国家節水型都市」と指名された。


分享到:
【印刷】