観光祭

澧県の葡萄祭り

Source:常徳市政府網 Date:2018-06-02 16:50:23 【Fonts:Small Big


 澧県はブドウ栽培面積を約2万ムー(1ムーは0.0667ヘクタール)有し、3万トン以上の年間生産量と2億元以上の年収をあげている。特に1ムーで1万元以上の平均純収入に達した欧州種とアジア種のブドウは1.2万ムーを有する。ブドウ産業は、地域の農業観光の中心になっている。産業施設を完備するために、さらにブドウ産業の付加価値を高めるために、国内最大のブドウ遺伝資源の保育所が新しく建てられた。そのブドウ遺伝資源の保育所では2,000以上の品種が栽培されている。また、3000トンの年間生産量に達するワイナリーも建てられ、500トンの埋蔵量があるコールドストレージが備わっている。318ムーの面積を持つ城頭山ブドウレジャー農場は、ブドウの栽培と観光の有機的な統合を実現した。

  2006年8月に第1回葡萄祭りが開催された。その後、「澧県ブドウ」という農業ブランドが作成され、人々に澧県ブドウの香りを味わっていただいた。それ以来、「南トルファン」と呼ばれている澧県では、毎年の7月中旬から8月中旬にかけて、中国(湖南・澧県)葡萄祭りが行われ、国内外からのお客様においしいブドウを食べていただくよう招待している。


分享到:
【印刷】