政府の指導者

市長 鄒文輝

Source:常德政府网 Date:2020-09-10 14:14:51 【Fonts:Small Big

64b8cfdf7ebc483399de2cb41697166b.jpg

                                                                                                      鄒文輝 市長

 

鄒文輝、男性、漢民族、1965年2月生まれ、湖南省常寧市出身。1983年7月就職、1986年10月中国共産党に入党。在職大学院生。現在常徳市市委副書記、市人民政府市長、党組書記を務める。

 

主な責務 

 市政府各事業の全般管理。

 審計、機構編制を担務。

 致公党常徳市委員会と結びつく。

 

経歴

1981.09-1983.07 衡陽地区財政会計学校(中等専門学校)財政専攻に在学。

1983.07-1993.06 常寧県財政局幹部を務める。1985.05副係長に就任;1986.02係長に就任;1987.01副局長に就任;1990.04局長に就任。(その期間中:1984.10-1986.12湖南財経学院自考大専会計科を専攻し卒業;1988.09-1990.07湘潭大学通信教育行政管理を専攻し卒業)

1993.06-2001.11 衡陽市財政局予算科科長を務める。1995.06党組成員、副局長に就任;1998.02党組副書記、局長に就任。

2001.11-2004.12 衡陽市人民政府秘書長、党組成員、市政府弁党委組織の書記、主任を務める。

2004.12-2008.01 衡陽県県委書記を務める(その期間中:2004.09-2007.07中央党校大学院経済管理修士を取得)。

2008.01-2008.05 衡陽市人民政府副市長、衡陽県県委書記を務める。

2008.05-2011.01 衡陽市人民政府副市長を務める。

2011.01-2014.07 省人民防空弁公室党組成員、副主任を務める。

2014.07-2016.01 省教育庁党組成員、副庁長を務める。

2016.01-2016.09 懐化市市委副書記、市委党校(市行政学院、市社会主義学院)校(院)長を務める。

2016.09-2019.02 懐化市市委副書記、統戦部部長、市委党校(市行政学院、市社会主義学院)校(院)長を務める。

2019.02-2019.11 郴州市市委副書記、市委党校(市行政学院、市社会主義学院)校(院)長を務める。

2019.11-2020.06 郴州市市委副書記、宣伝部部長、市委党校(市行政学院、市社会主義学院)校(院)長を務める。

2020.06-2020.07 常徳市市委副書記、市人民政府市長候補者にノミネート。

2020.07-2020.08 常徳市市委副書記、市人民政府副市長、市長職務代理、党委組織の書記を務める。

2020.08-     常徳市市委副書記、市人民政府市長、党委組織の書記を務める。


分享到:
【印刷】